retarfiの日記

写真/Python/golfなどつらつらと。

ペア物と結婚指輪とユニフォーム

4ヶ月ぶりですがあんまりまともな内容ではないです。 お酒で書き進めていきます。

ペアウォッチやペアルック、リンクコーデなどいわゆる「揃える」ものが流行っています。 僕はあまりこれが好きではないです。なので批判的な立場になるかと思いますので気分を害されたらブラウザBack!! お風呂入ったら割と中立になったかもです。

まず、ペアルックとは広辞苑によると

(和製語pair look)夫婦・恋人同士など二人で一緒に、同じ色・デザインの服を着ること。また、その服装。

とあります。ペアルックの語源・発祥はわからなかったので、夫婦で同じデザイン(と僕は思っていますが)をつけるものといえば、結婚指輪。 この起源はゼクシィにありました。これによると、

9世紀にはローマ教皇ニコラウス一世が指輪が結婚の証拠になると認めたとされる。
(中略)
ヨーロッパでは結婚指輪に関する言い伝えもさまざまある。
例えば、結婚指輪を交換する際に、新郎が新婦の第2関節まで指輪を一気に通すことができれば、結婚生活では新郎が主導権を握れるとか。
また、結婚指輪が壊れると、相手が不貞を働いた印であるとされた。
また、 結婚指輪は夫婦の結び付きを表すものなので、生涯外してはならないともされている。

日本でも特に法律で定められているわけではなく、結婚指輪は大正時代に、婚約指輪は昭和30年代半ば以降とのこと。 要は、対外的に結婚の事実を示すものではないでしょうか。

人間はきっと僕が思うに、自分との唯一の関係である異性を守ろうとするはずなので、対外的に結婚の事実を示すことは社会的にも本能的にも有効そうです。 そう考えると、ペアルックなどは合理的と言えそうです。

最初に僕が批判的だったのは、「こんなに大っぴらに付き合ってること見せびらかさんでもいいでしょ、、、」 のようなものだったのですが、自意識過剰といえばそうかなとも思います。

ペアルックと近いものとしてユニフォームもあるかな、と思って調べてみたんですが、ユニフォームはスポーツ、特に団体競技において敵味方の判別を容易化するためにしているそうです。 あんまり結婚指輪などとは関係なかった。

せっかくなのでペアルック、一回してみるのも悪くないな。

HTMLをキャッチする

お久しぶりです。
3ヶ月程空いてしまいましたが、レポートが忙しくて全然記事を書けませんでした(書くことがなかったという説もある)。
最近はW杯ですね。ふと、totoを統計的に考えたら当たるんじゃないか、なんて考えてtoto miniの各パターンの投票割合を計算するプログラムを作りました。
理論的には期待値が50円なので儲かることは基本ないですが...笑
外部URLからHTMLを取得して操作します。
使うライブラリはurllibです。Python3のみ使えます。(Python2は分裂前のライブラリだった気がする)
使い方はこんな感じ。

#! /usr/bin/python  
# -*- coding: utf-8 -*-  
from urllib.request import urlopen  
import re  
  
response = urlopen("抽出したいURL")  
code = str(response.read(),'utf-8')  
response.close()  

これでcodeにHTMLが入るのであとはお好きに正規表現なりでデータを引っこ抜く。

で、こんな感じでとりあえずtoto miniの全通りの投票割合を出してみましょう。

from urllib.request import urlopen  
import re  

response = urlopen("抽出したいURL")  
code = str(response.read(),'utf-8')  
response.close()  
pattern1 = re.compile(r'<td width=".*?class="td_')  
li = pattern1.findall(code)  
percent_li = [[0.01*float(li[3*i+j].replace(r'<td width="',"").replace(r'%" class="td_',"")) for j in range(3)] for i in range(int(len(li)/3))]  
print(percent_li)

これで出てきます。例えば
http://sport-kuji.toto-dream.com/dci/I/IPC/IPC01.do?op=initVoteRate&commodityId=07&holdCntId=1015
なんか入れてあげると出ます。URL中の07を06にするとB組ではなくA組、1015は開催回を指してます。

役に立たないものを作ってしまった感...

ベスト更新

2月の終わりから合宿に参加するなどしてラウンドを重ねていました。 その結果が以下です。
'18/03/28 嵐山CC 106(34)
'18/03/23 茨城ロイヤル 105(33)
'18/03/22 CCザ・レークス 101(40)
'18/03/19 茨城ロイヤル 123(38)
'18/03/12 CPGCC 115(37)
'18/03/09 嵐山CC 114(33)
'18/03/01 静ヒルズCC 120(44)
'18/02/28 静ヒルズCC 109(33)
'18/02/27 静ヒルズCC 121(47)

今までベストだった107回を、半年ぶりくらいに更新しました!
といっても101回ですが…
ハーフ46のベストも出ました。

で、何が変わって更新できたかというと、以下の点です。
・結局はドライバー命
・パー4セカンドで必要なのは100y以内の打ちやすいところに残すこと
・クリークなんて使ってる場合ではない(自分が苦手なので)
・意外と100yからの8,9Iのハーフショットは有用

やっぱりドライバー命です。昔は「ドライバーでOB行くくらいなら5Wや4Uで」とか思ってましたけど、バックティーからだと飛距離が足りませんし、ミスしないとも限らないのでドライバーが良いに越したことはないです。最近急に240y以上まっすぐ飛ぶようになり調子が上がり、スコアも作れるようになりました。

また、セカンドで乗せるために5Wを握る必要もないと思います。
単純計算でボギーオンを重ねられれば90ですし、手前から寄せワンパーも狙えます。
必要なのは「なるべくフェアウェイに置くこと」です。
短いクラブを握れば、その分1打あたりのミスの極大値は小さくなりますので、無理に打ちづらいクラブを握らなくても良いと思います。
意外と100y残っても、8,9Iでハーフショットすれば安定させられると思います。

最近参考にしているのはマーク金井さんとイトウケイさんのページです。
シャフトの重さの流れについて考えたことありますでしょうか。
私はドライバーと5WはFUBUKI Ai (50gと55g)、4UがテーラーメイドのカーボンTM5-215(57g)、5I〜PW,SWがナイキスリングショットのスチールアイアン(#5で105g)、50度がDG S200を使っています。
4Uの振りが軽すぎると感じていたので、ちょっと調べてみたところ、ユーティリティが軽すぎるかもしれないということがわかりました。
そのため、4Uをスチールシャフトのものにしようかな、と思っています(そのついでに5Uも買います笑)
以下のサイトを参考にさせていただきました。

www.analyze2005.com

スコアも良くなったのでこのついでにアイアンも買い替えてしまおうか、悩みどころです…笑
アイアンを買い替えるなら、軟鉄、と紹介されているので、SRIXON Z765あたりを買おうかなぁ…
以下のイトウケイさんのブログは、初心者から始めた方にはかなり参考になると思うので、是非一読されることをおすすめ致します。

www.keiaha.com

小4のチャレンジ問題を考える

塾で小4を教えているのですが、そこでこのような問題がありました。

1□2□3□4□5□6□7□8□9=1
という式があります。
(1) □の中に+と-を入れてこの式を1つ完成させなさい。
(2) □の中に+と-とx(乗法)を入れてこの式を1つ完成させなさい。

この問題を解くだけなら簡単です。
(1) 1+2+3+4+5-6-7+8-9=1 (2) 1x2x3+4+5-6-7+8-9=1 1+2+3=1x2x3なのでこれなら楽。

さて、空欄に入れるだけなら(1)で28=256通り、(2)で38=6561通りあるわけですが、題意を満たす組み合わせは果たして何通りあるでしょうか。
答えは続きを読む、の下に入れておきます。

(1)は書き出せばなんとかなります。
1から9の和が45なので、足し算で23、引き算で22になるようにするのがコツです。

では、(2)は? かけ算なんて考えるの難しいし…
マンパワーでは難しいので、Pythonに頼りましたw
実は解き方あったりしたらびっくりですが…
コードはこちら

1to9calc.py

プログラミングできると意外なところで役に立ったりしますね。

本題とは関係ないのですが、Amazonの私の欲しいものリストのリンクをサイドバーに載せるなど、リンク集を更新しました。
retarfiの欲しいものリスト
他のブログを見ておお!となったので流行に乗った感がかなりしますが…w

続きを読む